中国で最も純粋な場所、宜春、黒竜江では完全に天然酸素バーに浸ることができます

時間:2018-03-15 15:48:00作成者:wendyou出典:www.sekainonazo.net最多記録:現在地:兄弟学位 > 中国で最も多い > 中国地理 > モバイルリーディング

現在、大気汚染は深刻ですが、街で頑張っている私たちには道がありませんが、中国で最も純粋な場所、時間があればそれを楽しむことができます。これらの場所では、空気はまだとても新鮮ですまた、世界でも数少ない純粋な土地の1つであり、純粋な空気だけでなく、純粋な美しさもあります。機会があればぜひ訪れてください。

1、宜春、黒竜江

宜春は黒竜江省の北東、ロシアと川を隔てたところにあります。森の被覆率は83.8%と高く、貴重な赤松の豊かさから赤松の故郷、祖国の森の首都として知られており、海から遠く離れているとも言われています。「海」。サブフリジッドゾーンには、最も完全な樹種、最も美しい森の風景、最も澄んだ川の水、最も高い濃度の負の酸素イオンがあるため、世界でも数少ない「純粋な土地」の1つとして認識されています。冬の暖房期間を除いて、残りの時間はイラクです。春の大気質は全国レベルを超える可能性があります。

宜春では、森は森ではなく海と呼ばれます。木は木をつないで、森は森をつなぎます。山が波打つように、それは地平線まで伸びます。地上では、それを遮っている木があり、風はそれに気づいていません。木の上に来ると、風が波のように高まり、風が木の上を急上昇し、波の波のように急上昇し、再び下降します。ここに着いたときだけ、原生林が何であるか、赤松がわかりますカラマツ、トウヒ、モミ、針葉樹林、広葉樹林などが山並みに混ざり、山々が美しく、木々が奇妙で、時々アカシカ、クロクマ、イノシシ、ジャコウジカなどが現れ、鳥になります。楽園です。武陵のメインピークの展望タワーに立って、森の海を眺めると、大きな森の意味を本当に理解できます。

宜春市から60キロ以上離れた鳳林自然保護区に武営国家森林公園があります。ここでのアカマツの数は世界で1位です。アカマツはどれほど貴重ですか?私たちが食べる松の実はすべてそこから生産されています。松の木の中では最高の素材です。かつては北京の紫禁城などの建物の梁や柱の素材として使われ、枕木としても使われていました。公園を歩くと、足は細くなりますソフト1年前の松葉は毛布のように太く、原生林特有の香りが漂い、空気が清々しいほど青汁を絞り出します。

赤い星火山毎年5月に公園はツツジでいっぱいです。森の木の板の道を歩くと、両側に連続した鮮やかな赤いツツジがあり、特にこれらの花は緑の松、ヒノキ、ボルダー、コケの石の上に咲いています背景に対して、景色は限りなく美しいです。

今月の中国地理ランキング

中国の地理の選択